1. TOP
  2. 顔汗を止める方法
  3. テノール液は顔汗の症状に本当に使用できる制汗剤なのでしょうか?

テノール液は顔汗の症状に本当に使用できる制汗剤なのでしょうか?

顔汗を止める方法 この記事は約 5 分で読めます。

ワキガや多汗症対策のテノール液は顔汗に利用できる?

ネット上にテノール液で顔汗対策を行っているという方法が紹介されていますが、テノール液は顔汗対策に使えるのでしょうか。

期待できる効果や効能、副作用やデメリットがないのかも徹底検証しますので、テノール液を購入する前に、まずはこの記事を読んで下さい。

薬局で購入できるテノール液はどんな製品?

ワキガや手汗などの多汗症に悩んでいる人なら、テノール液を知っていると思います。

佐藤製薬が販売し、30mlで1000円以下のお手軽価格。

薬局やドラッグストアなどで安いところでは600円ほどの値段で購入でき、ワキ汗対策に効果的な制汗剤ですよね。

テノール液の良いところは、ロールオンの直塗タイプなので、外出先でも簡単に汗を止めることができ、不意のワキ汗対策に役立つところ。

ロールオンでこぼれにくいので、失敗なく塗ることができるのもテノール液を選ぶメリット。

テノール液を顔汗対策に使うのは、実際にどうなのでしょうか。

テノール液の成分や原材料は?

テノール液の原材料は、

アルミニウムヒドロキシクロリド、アルミニウムクロロヒドロキシアラントイネート、フェノキセトール、香料

汗を止める作用のある塩化アルミニウムが主成分ですので、ワキ汗対策に効果的なのも納得できます。

テノール液の塩化アルミニウム濃度は3.9%と非常に低く、敏感肌や刺激に弱い人でも使用できると話題。

制汗剤として知られているオドレミンは、13%濃度の塩化アルミニウムを使用していますので、かなり抑えめの濃度で配合されていることがわかります。

この濃度なら、顔汗対策として顔にテノール液を使用しても良いのではないか・・・と考えるのも少し納得できます。

テノール液の注意事項から考える顔汗効果は?

実際にテノール液の注意事項には、どのような記載があるのかをチェックすることで、顔汗対策に使用できるのかどうかがわかると思います。

  • 顔や粘膜への使用、除毛直後やあれたお肌への使用はお避けください。
  • 乾いたあとに衣類をお着け下さい。
  • ボールがまわりにくい時には、指でまわしてからご使用ください。

参照:佐藤製薬

低濃度で低刺激のテノール液ですが、顔や粘膜への使用はメーカー側も推奨していません。

塩化アルミニウムは副作用が報告されている成分ですので、万が一のことを考えて、顔への使用禁止となっているのでしょう。

塩化アルミニウムの副作用とは?

テノール液の有効成分である塩化アルミニウムは、効果や効能が確認されていますが、副作用があることもわかっている成分。

実際に副作用として報告されているのは、

  • 皮膚のほてり感
  • 皮膚に発疹が出る
  • 皮膚の乾燥感
  • 皮膚のつっぱり感
  • アトピー性皮膚炎や敏感肌の悪化

すべての人に起こるわけではありませんが、塩化アルミニウムが水酸化アルミニウムに変化する過程で塩酸が発生。

塩酸が肌にとっては有害な刺激になり、上記のような副作用を起こしてしまうことがわかっています。

塩化アルミニウムを顔に使用することに対する専門家の意見は?

基本的にメーカー側も、塩化アルミニウムを含有した製品を顔に使用するのは禁忌という立場を取っています。

しんじょう薬局という20%濃度の塩化アルミニウム液を販売しているメーカーのサイトに、塩化アルミニウムを顔に使用することについての記載がありましたので紹介すると・・・

塩アル液は、お顔や頭部にも使用している報告をいただいています。頭部は皮脂の分泌の多い部位なので原液のまま添付のミニ容器に移しかえて使用してください。髪を分けながら叩き込むようにして、ドライヤーなどでさっと乾かしてから重ね塗りするのが基本。

1回の塗布では効果が出にくいので、この方法を何日間か続けてください。

お顔の場合は目の周り以外への使用が可能。狭い範囲に試して効果や刺激の強さによっては希釈した方がよいでしょう。

顔面や頭部は温感性発汗にとって重要な部位なので、広範囲に塗布すると、熱がこもる状態になったり、頭痛など自律神経症状が生じる可能性もあります。一番困っている部位に限り最小限度(5cm四方以内が適切)の範囲での使用をおすすめします。

参照:しんじょう薬局

20%濃度のものも薄めて使用することで、塩化アルミニウムの副作用を感じにくいということですが、自分に合っているのかはしっかり判断しましょう。

パッチテストも必須ですし、広範囲に塗らないことも大切。

テノール液の顔への使用は自己責任が基本でしょう。

テノール液の製造メーカーである佐藤製薬が、顔や粘膜への使用を禁止していますので、基本的には使用しないことをおすすめします。

しんじょう薬局のように使用者の声を掲載しているところもありますが、やはり塩化アルミニウムは副作用がある成分。

汗腺を塞ぐ形で汗を予防するので、その負荷は別の部分に出てしまう可能性も。

しんじょう薬局の公式サイトでも最小限の範囲にしないと、自律神経に悪影響が出たり、頭痛の原因になる可能性も指摘されています。

そういった状況を理解した上で、使用時も自己責任で行うようにしましょう。

私ならワキ汗対策や手汗対策の制汗剤を使用するのではなく、顔に使用することを前提に開発された製品を選んで利用します。

少し値段が高くても、顔なので安全性を優先すべきでしょう。

顔汗が止まっても、副作用で痒みやかぶれなどに悩まされてしまっては、別の悩みに代わるだけですので、根本的に解決できるわけではありませんよ。

▼▼顔汗対策に効果的なサラフェプラス▼▼

私のひどい顔汗が改善できたのがサラフェプラスのおかげ。

この記事に詳細情報をまとめていますので、是非チェックしてください。

サラフェプラスの体験談や効果、口コミまとめ

▲▲医薬部外品で厚生労働省も効果を認めた▲▲

\ SNSでシェアしよう! /

顔汗止める方法と対策の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

顔汗止める方法と対策の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • オドレミンは顔汗にも効果的?手汗がピタッと止まるって有名。

  • 病院に行く前に、自宅でできる簡単な顔汗対策をやってみない?

  • 首を冷やすと顔汗が止まると話題だけど本当に効果的な方法なの?

  • 化粧直しの原因は顔汗、ドロドロメイクや化粧崩れを予防する方法は?

  • エティアキシルで顔汗止まるし敏感肌用なら大丈夫って本気?

  • 薬用ノエミュとサラフェプラスの違いと顔汗対策に効果的なのはどっち?