1. TOP
  2. 顔汗を止める方法
  3. ベビーパウダーが顔汗対策や予防に効果的なのかを徹底検証!

ベビーパウダーが顔汗対策や予防に効果的なのかを徹底検証!

ベビーパウダーを使用することで、顔汗対策や予防に効果的で、化粧崩れを防ぐ効果があると話題になっていますが、実際にはどうなのでしょうか。

ベビーパウダーを顔汗対策に使用することで期待出来るメリットやデメリットとは?実際に顔に使っても大丈夫なのかも徹底検証。

本当に役立つ効果があり、サラサラ感を持続できるのであれば、ベビーパウダーを普段からメイク時に使用したいですよね。

ベビーパウダーで顔汗を止めることができるのか?

顔汗対策にベビーパウダーを使用できるのか、実際に効果的なのかと思っている人の中には、ベビーパウダーが顔汗を止める効果があるのでは?と思っている人もいらっしゃいます。

でも実際にベビーパウダーを使用しても、顔汗を止める制汗作用はありませんので、そこは最初に理解すべきポイント。

ベビーパウダーの効果は、一時的に肌がサラサラになり、汗が止まったように感じさせるもの。

これはベビーパウダーに含有されているタルクという成分が、出た汗を吸着する効果があるから。

だから顔汗の根本原因を改善する効果というよりも、対処療法的な効果しかありませんので、根本的に顔汗対策を行いたい人には不向きな方法。

一時的な汗の吸着効果があるのであれば、何度も塗ることでどんどん出てくる顔汗を吸着させればよいのでは?と思う人もいらっしゃいますが、ベビーパウダーの厚塗りは厳禁。

毛穴を塞ぎ、肌荒れやニキビの原因にもなりかねませんので、ベビーパウダーを顔に厚塗りすることは絶対に止めましょう。

顔汗対策として、ある程度効果的なベビーパウダーも使用方法を間違えてしまうと、逆効果になりますので、正しい使用方法で使うことが基本です。

ベビーパウダーを顔汗対策に使用するメリットは?

では実際に、顔汗対策にベビーパウダーを使用することのメリットはどこにあるのでしょうか?

一番のメリットはやはりテカリ防止やメイク崩れの予防です。

ベビーパウダーには、肌をサラサラの状態に保ち、汗の蒸発を促進する差長があるので薄く塗った状態でも、肌のテカリ防止やメイク崩れの予防に効果的。

ただこれ以上の効果を求めるのは、先ほどもお伝えしたように間違いです。

メイク時の使用方法としては、

  • ベビーパウダーをファンデーション代わりに使用する
  • メイク後のフェイスパウダーとして使用する

このふたつが一般的でしょう。

ただ使用時には、ベビーパウダーを吸い込まないように注意すること、厚塗して毛穴をふさがないように注意したり、白浮きしないように使用量を調整することが基本です。

ベビーパウダーを顔汗対策に使用するデメリットは?

サラサラ感が持続して、テカリ防止や化粧崩れの予防に効果的なベビーパウダーも、使用するタイミングを間違えると逆効果になります。

ベビーパウダーを使用することで、ニキビが治ったなんて人もいますが、それ自体が大きな間違いで、ベビーパウダーにそのような治療効果はありません。

逆に肌荒れやニキビがひどい時にベビーパウダーを使用すると、その症状を悪化させるリスクがあります。

汗や皮脂をベビーパウダーが吸着してくれますが、汗や皮脂を吸着したベビーパウダーが毛穴を塞いでしまうことも。

そうなると肌荒れやニキビが悪化してしまいますので、肌の状態を見ながら使用しないと逆効果になりますし、厚塗すればそれだけ毛穴を塞ぐ原因になります。

メーカー側もニキビが改善する効果はないということを、公式見解として発表していますので、ネット上のオロナイン+ベビーパウダーでニキビが治ったは大きな間違い。

そういったデマ情報に振り回されずに、肌荒れやニキビができているタイミングでは、使用量や使用方法に注意しましょう。

ニキビが悪化すれば、顔汗やテカリ、化粧崩れとはまた違う悩みに直面することになりますので、本当に注意してくださいね。

ベビーパウダーは顔汗対策に顔に使っても安全な成分なのか?

ベビーパウダーを顔汗対策に使用することのメリットもデメリットもわかったと思いますが、そもそもベビーパウダーって顔に使っても大丈夫な成分なのでしょうか?

この点に関しては、ベビーパウダー自体が赤ちゃんが使用しても問題がない成分で作られていることからも、基本的には問題がないと言えるでしょう。

ただ使用方法や使用量をしっかり守った場合の話ですので、そこはしっかり理解してください。

一部では、ベビーパウダーのタルクの安全性に問題があると言われていますが、現在使用されているタルクは安全面に配慮されたもので、危険性の低い成分のみ。

なぜタルクに危険性があると言われたかといえば、2012年に粉末タルクの作業員がタルクに含まれるアスベストで、中皮腫になったという報道があったから。

そういった経緯もあり、各メーカーでタルクの使用に関する厳しい基準を設けており、アスベストフリーのタルクしかベビーパウダーには使用されていません。

またタルクに不安のある人は、コーンスターチなどを主成分にしているベビーパウダーを選ぶと安心かもしれません。

ベビーパウダーで顔汗対策を徹底的にする方法とは?

一番最初にお話したように、ベビーパウダーで顔汗を根本的に改善する事はできませんが、ベビーパウダー+αでその効果を高めることができます。

それが汗腺に直接作用するタイプの制汗剤やクリームを併用する方法。

そうすることで、制汗作用をくぐり抜けて出てきた汗をしっかり吸着し、サラサラ感を持続させることができますので、制汗剤の効果や持続時間を高めることができる方法のひとつ。

特に滝汗のような顔汗に悩んでいる人や、毎朝電車でメイク崩れを起こしてしまうような人には、ベビーパウダー+汗腺に作用する制汗剤の組み合わせが非常に効果的。

ただどんな商品を選ぶのかで、実際に実感できる効果も変わってきますので、このあたりはしっかりと効果や効能を確認して商品選びを行うことが大切です。

▼▼顔汗対策に効果的なサラフェプラス▼▼

私のひどい顔汗が改善できたのがサラフェプラスのおかげ。

この記事に詳細情報をまとめていますので、是非チェックしてください。

サラフェプラスの体験談や効果、口コミまとめ

▲▲医薬部外品で厚生労働省も効果を認めた▲▲

\ SNSでシェアしよう! /

顔汗止める方法と対策の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

顔汗止める方法と対策の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ハッカ油スプレーが顔汗対策に効果的で体感温度が下がるの?

  • 病院に行く前に、自宅でできる簡単な顔汗対策をやってみない?

  • パースピレックスローションで顔汗対策、副作用は大丈夫なの?

  • エティアキシルで顔汗止まるし敏感肌用なら大丈夫って本気?

  • アトピーの人必見!サラフェプラスは肌トラブルなく使えるのか?

  • 薬用ノエミュとサラフェプラスの違いと顔汗対策に効果的なのはどっち?