1. TOP
  2. 顔汗を止める方法
  3. ボトックス注射で顔汗が止まる?副作用や失敗は大丈夫なの?

ボトックス注射で顔汗が止まる?副作用や失敗は大丈夫なの?

ボトックス注射で顔汗に効果的。

インターネットで顔汗対策を探していると、ボトックス注射で治療を行うことがおすすめだという情報がありますが、気になるのは安全性ではないでしょうか。

 

ボトックス注射は本来はシワたたるみを解消するプチ整形のようなものなので、顔汗対策に簡単に使用すべきなのか?

実際にどんな副作用やデメリットがあるのか、失敗例などを知ること人気と話題のボトックス注射を活用すべきなのかを徹底検証します。

なぜボトックス注射をすると顔汗が止まるのか?

ボトックス注射といえば、

食中毒の原因菌であるボツリヌス菌を直接体内に注入する方法で、美容整形外科でシワ取りなどに用いられてきたプチ整形のようなもの。

 

顔の表情と顔汗という全く繋がりのないような2つのことに対して、ボトックス注射が効果を発揮するのはなぜなのか?

 

ボトックス注射を行うと、

神経伝達物質のアセチルコリンの分泌が抑制され、筋肉の動きを麻痺させることでシワなどが目立たない状態になります。

 

顔汗にボトックス注射が効果的なのも、アセチルコリンの分泌量が抑制されるから。

 

神経伝達物質のアセチルコリンは、

発汗促進作用もある物質なので、顔汗がひどい部分にボトックス注射をしてその分泌量を抑制できれば、自然と汗も出にくい状態になる。

 

これがボトックス注射が顔汗対策に効果的だと言われる理由です。

 

顔汗対策にボトックス注射をする場合、

主に注入される場所は額。ボトックス注射の効果が狭い範囲しか効果を発揮しませんので、額の汗が主な対象だと理解しましょう。

 

発汗メカニズムに対して明確に作用するので、美容整形外科や美容皮膚科などでは、ボトックス注射を顔汗や多汗症の治療に効果的だと推進しています。

 

ボトックス注射は本当にすべきなのか?

メリットやデメリット、安全性や危険性などをしっかり考えて行わないと、後悔してしまう事になりますので、まずは詳細情報について解説しますので、参考にしてください。

ボトックス注射には半永久的な効果はない。

ボトックス注射はあくまでもプチ整形。

だから半永久的な効果を発揮するものではなく、一時的に効果を発揮し徐々にその効果が弱くなっていくものです。

 

一般的な効果の持続期間は3〜4ヶ月。

長い人でも半年ほどで、短い人だと1〜2ヶ月で効果が消失してしまうこともありますので、根本治療ではないことを理解しましょう。

 

対症療法であるということは、

どれだけ顔汗を抑えることができても、また半年ほど経過したらボトックス注射をもう一度行わないとダメだということ。

 

これはかなり面倒な話で、

何度も美容皮膚科などに通院する必要があり、病院の場所が遠い人にはかなり負担が大きい状態でしょう。

ボトックス注射は1回の費用が10万円以上と高額な治療方法

自由診療のプチ整形だから、

全て自己負担しなければならず、一般的なボトックス注射は1回10万円ほど。

 

それを1年に2回行うとすれば、

毎年20万円以上の費用を顔汗対策に使うことになりますので、非常にもったいない話ですよね。

 

アンチエイジングに使う場合と違い、

シワが消えたり、ほうれい線がなくなったりするわけではありませんので、見た目に大きな変化があるというわけではありません。

 

ひどい顔汗が出なくなる。

それはそれで十分なメリットですが、ボトックス注射による顔汗治療はあまり満足度が高いものではないということは理解しておいた方が良いでしょう。

ボトックス注射は使用する製剤によって危険性が高まる。

ボトックス注射は手軽な方法。

そんな風に理解している人も多いですが、病院選びが非常に大切で間違った病院で治療を受けると、失敗するリスクが高まります。

 

一般的にボトックス注射に使う製剤は、

アラガン社の「ボトックス」をベースに厚生労働省が認可をした「ボトックスビスタ」になります。
ボトックスビスタが認可された背景には、

中国製や韓国製の安価なジェネリック製剤では安全性に問題があることが指摘さていることが挙げられます。

 

さらに個人輸入で、アラガン社の「ボトックス」を使用していた人もおり、保存状況が問題になり、医療事故が起こってしまうリスクが高いから。

 

アメリカでは実験用のボツリヌス毒素で医療事故も起こっており、そういった状況を予防する意味もあり、ボトックスビスタが承認されている状況。

 

もしあなたが治療を受ける病院が、

治療費用を下げるために、中国製や韓国製の安価なボツリヌス菌を使っていれば、その段階で危険性が高いということ。

 

どんな製剤を使用しているのかはわからず、

問題が起こってから初めてその状況に気付かされることも多いので、しっかりとボトックスビスタを採用している病院で治療を受けるべきでしょう。

 

医師の症例数によっても、

技術力が大きく異なり、様々な副作用が起こるリスクが異なりますので、病院選びの際にはその部分もしっかり確認して判断した方が良いと思います。

ボトックス注射で起こる見た目の変化や問題点とは?

額に注入するだけなので、

誰が行っても効果は変わらないし、安全性もそこまで違わないと思っている人も多いかもしれません。

 

しかしボトックス注射には明確な副作用があります。

それが一度注入したボツリヌス菌は効果が消失するまでの期間は、改善することができないということ。

 

平均的に効果が持続すれば、

3〜4ヶ月はその症状が出たままの状態が続くということですので、精神的な苦痛はかなり大きくなります。

 

最も恐ろしい副作用が、

スポックブローと呼ばれるもので、眉毛外側過度挙上とも呼ばれる、眉毛がつり上がってしまう症状になってしまうこと。

 

  • 過剰に表情筋を使用している人
  • 眉間や前額部に余剰皮膚の多い人
  • 65歳以上の年齢の人

 

スポックブローは、しわ取りのためのボトックス注射で起こりやすい症状ですが、ボツリヌス菌を注入するということは、表情筋の動きが変わるということ。

 

額だけにボトックス注射をしても、

見た目に変化が起こる可能性は十分にありますので、この点は最初に理解しておくべきでしょう。

 

持続期間が短く、何度も治療を繰り返す必要がある方法なので、それだけ表情に変化が出るリスクがあります。

 

顔汗は止まったけど、

表情がなくなったとか、見た目の印象が明らかに変わってしまったというのでは、本末転倒なので、このあたりのことはしっかり理解しておきましょう。

ボトックス注射の副作用とは?

神経や筋肉を麻痺させるボトックス注射。

表情や見た目の変化だけではなく、その他にも副作用として考えられているものがあります。

 

  • しびれや不快感
  • 頭痛や頭が重く感じる
  • 注射した部分の腫れ
  • 注射した部分の内出血

 

顔汗対策にボトックス注射を行う場合、

筋肉よりも表面にある汗腺に作用するようにするために、あまり重度な副作用は起こらないと言われていますが、やはり医師による影響は受けるもの。

 

信頼できる病院で、信頼できる医師に施術をしてもらうことを念頭において、少しでも安全にボトックス注射を受けられるようにしましょう。

ボトックス注射を顔汗対策に活用するメリットは?

危険や副作用があるなど、

少しデメリットの部分を中心にお話してきましたが、ボトックス注射を顔汗対策に使うことはメリットもあります。

 

身体的な負担が少なく、比較的早期に治療効果を実感できる。

 

ボトックス注射の効果を実感できるのは治療後2〜3日後からですので、副作用がなければそのまま普段通りの生活を行って、数日すれば自然と顔汗が止まってしまう。

 

経験豊富な医師が行うことで、

副作用を発症するリスクもかなり低いですし、ボツリヌス菌の効果が続く限りは、顔汗が出にくい状態が持続したり、汗の量が明らかに減っているという効果は実感できます。

 

このあたりのことは、ボトックス注射を顔汗対策に使うメリットとも考えられるでしょう。

ボトックス注射を顔汗対策に活用するデメリットは?

逆にデメリットと考えられるのが、

 

  • 治療効果が限定的で、何度も受ける必要がある
  • 治療費用が高く、コスト面の負担が大きい
  • 危険な製剤を使用している病院もある
  • 見た目の変化が起こる可能性もある
  • しびれや頭痛などの副作用が起こる可能性がある
  • 顔汗対策にボトックス注射をやっている病院が少ない

 

個人的には、ボトックス注射はメリットよりもデメリットの多い顔汗対策だと思っていますが、脇汗や手汗対策にボトックス注射が効果的だったので、顔汗もという人もいらっしゃるでしょう。

 

自由診療なのであなたがこれらのリスクを踏まえた上で、ボトックス注射を選ぶのなら、全く問題ないと思います。

 

私ならもっと安全な方法で顔汗を止めると思いますけど・・・

ボトックス注射よりも顔汗にはサラフェプラスがおすすめ

ボトックス注射は美容医療ですが、

サラフェプラスというのは、医薬部外品の薬用制汗クリームなので、いつでもどこでもできますし、効果がなければすぐに止めることもできます。

 

ボトックス注射のような副作用もなく、

発汗を抑制する仕組みがある有効成分を含有している顔用の制汗クリームなので、肌荒れ等のトラブルも起こりにくい特徴があります。

 

私も昨年から使っていますが、

サラフェプラスなら、ワキ用の制汗剤のような肌荒れや肌トラブルもないし、肌のツッパリ感なども起こりません。

 

日本で初めて顔用制汗クリームとして発売されたのがサラフェという商品で、それをさらに進化させたのがサラフェプラス。

 

有効成分をナノ化することで浸透性を高め、

さらに多くの美容成分を配合することで、顔汗による肌トラブルを予防・改善する作用も期待できるので、肌の弱い人でも安心して使うことができます。

 

敏感肌だけではなく、

子供の肌でも使えるレベルの安全性がある商品なので、どれだけ優しい成分が配合されているのかがわかるでしょう。

 

サラフェプラスを使って思うこと、

ボトックス注射も必要ないし、化粧直しも必要ない。

 

なんでもっと早くサラフェプラスを試さなかったんだろうという後悔くらいです。

 

全ての人の顔汗に効果的では無いかもしれませんが、私だけではなく多くの人が顔汗対策にサラフェプラスを活用して、夏をのりきっています。

 

あなたもボトックス注射のような値段の高い、危険性のある方法ではなく、数千円で試すことができるサラフェプラスを先に使ってみるべきだと思いますよ。

 

今なら2,980円でお試しできますし、

さらに25日以内は返金保証制度もありますので、リスクもほぼない状態であなたにサラフェプラスが効果的なのかを判断することができます。

 

リスクの少ない方法を選ぶこと、

それが後々の後悔を防ぐ非常に大切なことですので、ボトックス注射よりもサラフェプラスを優先すべきでしょう。

ボトックス注射で顔汗が止まるのまとめ

この記事ではボトックス注射を

顔汗対策に使うことのメリットやデメリット、安全性や危険性について検証してきました。

 

  • ボトックス注射をすると顔汗が止まる理由
  • ボトックス注射の効果の持続期間
  • ボトックス注射は1回の治療費用
  • ボトックス注射の製剤の安全性
  • ボトックス注射で起こる見た目の変化
  • ボトックス注射の副作用
  • ボトックス注射を顔汗対策に活用するメリット
  • ボトックス注射を顔汗対策に活用するデメリット
  • ボトックス注射よりもおすすめのサラフェプラス

 

ボトックス注射をすれば、

顔汗が永遠に止まるということではなく、何度も治療を続けなければ効果を持続できないというのは、非常に残念なことですよね。

 

しかも治療費用が高すぎる。

私なら様々なリスクをおかしてまでボトックス注射を受けるということはなく、より安全性が高く、簡単にチャレンジできるサラフェプラスをおすすめします。

 

顔汗はある程度の期間続くものなので、

治療方法や対処方法も、自分が続けられる方法を選んでおかないと後々に後悔することになりますので、身長に選んでくださいね。

▼▼顔汗対策に効果的なサラフェプラス▼▼

私のひどい顔汗が改善できたのがサラフェプラスのおかげ。

この記事に詳細情報をまとめていますので、是非チェックしてください。

サラフェプラスの体験談や効果、口コミまとめ

▲▲医薬部外品で厚生労働省も効果を認めた▲▲

\ SNSでシェアしよう! /

顔汗止める方法と対策の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

顔汗止める方法と対策の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ベビーパウダーが顔汗対策や予防に効果的なのかを徹底検証!

  • テノール液は顔汗の症状に本当に使用できる制汗剤なのでしょうか?

  • アトピーの人必見!サラフェプラスは肌トラブルなく使えるのか?

  • デオナチュレを顔汗止めに使っても制汗作用があり安全なのか?

  • エティアキシルで顔汗止まるし敏感肌用なら大丈夫って本気?

  • 薬用ノエミュとサラフェプラスの違いと顔汗対策に効果的なのはどっち?