1. TOP
  2. 顔汗を止める方法
  3. 化粧直しの原因は顔汗、ドロドロメイクや化粧崩れを予防する方法は?

化粧直しの原因は顔汗、ドロドロメイクや化粧崩れを予防する方法は?

夏の時期は、ひどい顔汗でメイクがドロドロ。

顔汗が出るだけならまだしも、ランチまでメイクが持たなかったり、化粧崩れがひどくて何も化粧直しする必要がある。

 

季節的にもこれからの顔汗対策は非常に大切なこと。

何度も化粧直しをしていた私が、夏でも夕方まで化粧崩れに悩まずに、化粧直しの手間が失くなったおすすめの方法を紹介します。

 

私のように顔汗が原因のドロドロメイクに悩んでいるのなら、この方法を実践して今年の夏は、化粧崩れとおさらばしませんか。

夏の化粧崩れの原因は分泌される顔汗や皮脂!

夏の暑さで汗をかくのは普通のことですが、夏になると尋常ではないほど大量の汗をかいてしまう人もいますよね。

何を隠そう私もそのひとり。

全身にまんべんなく汗をかけばよいのですが、首から上の顔汗が最も気になるところ。

 

有働アナの脇汗と同じレベル。

私自身はそこまで気にならないものの、やはり周りからすれば顔だけ汗をかいている状態は気になるでしょうし、それ以上に私は化粧崩れが気になっていました。

 

顔汗をかくとなぜ化粧崩れが起きるのか?

それは汗と一緒に皮脂も分泌され、その皮脂の影響を受けてメイクがドロドロになってしまうから。

 

肌表面にはメイクをしてもしなくても、肌のバリア機能として皮脂膜があり、外部からの刺激から肌の健康状態を守っています。

 

しかし顔汗を大量にかくと、

皮脂膜で洪水が起こっているような状態になり、どこもかしこも水浸し。

 

皮脂膜が水浸しになると、

本来の脂分と水分のバランスが大きく乱れ、元のバランスに戻すために大量の皮脂が分泌されます。

 

水分は時間の経過とともに乾燥しますが、脂分はそのまま残ってしまうので、肌がベタベタした状態になり、化粧崩れのきっかけに。

 

化粧品の成分には油性成分が使われていますので、

皮脂量が多い状態が続くと、メイクが皮脂に溶けて肌から浮かび上がり、不安定な状態になってしまいドロドロメイクになってしまうんです。

 

さらに皮脂の過剰分泌はインナードライなど、肌荒れの原因になることもわかっていますので、夏のひどい顔汗には十分に注意する必要があることも理解しておきましょう。

顔汗による化粧崩れを予防するメイクの基本は?

メイク方法を少し注意するだけでも、

化粧崩れを予防することができますし、化粧直しの手間を少なくすることができるんです。

 

日に何度も化粧直しをしているなら、

まずはメイク方法を改善してみて、化粧崩れの頻度が減らないか、化粧直しの回数が減らないかをチェックしてみると良いかもしれません。

 

夏のメイクの基本は薄づき。

紫外線対策が必要な夏のメイクは、厚塗りになる傾向がありますが、厚塗りが化粧崩れの原因になってしまうことも。

 

特にベースメイクが重要で、

リキッドファンデとパウダーのW使いは夏の時期にはできるだけ行わずに薄めのメイクを心がけることが大切です。

 

メイクする際には皮脂や汗を落とす。

ティッシュを使って油分をオフすることが大切で、保湿を念入りに行なった後に市販のティッシュを使って軽く押さえ、余分な汗と脂分を吸収しておきましょう。

 

下地には保湿効果の高いものを選ぶ。

化粧下地に使うのは、春夏用の保湿効果の高い下地を選び、水分と脂分のコントロールを1本で行ってしまいましょう。

化粧水スプレーは化粧直しに使わない!

化粧直しに化粧水スプレーを使って保湿している人もいるかもしれませんが、化粧水スプレーはメリットよりもデメリットが多いって知っていますか?

 

化粧水スプレーを使ってしまうと、

肌の汚れや老廃物などまで肌の内側に届けてしまうリスクがあります。

 

メイクしている状態で使うと、

皮脂汚れやメイクなども肌に吸収されてしまう可能性がありますし、水分が蒸発する際に、肌表面の必要な水分まで蒸発させてしまう可能性があるです。

 

ひどい顔汗による

インナードライと一緒の状態になってしまうので、自ら肌荒れの原因を作る必要はありませんよね?

 

肌の保湿力や水分量に自信がある人以外は、

化粧水スプレーを化粧直しの際に使うのは止めた方が良いと理解しておきましょう。

顔汗が原因の化粧崩れがなくなったサラフェプラス

私の場合は、

夏のメイク方法やスキンケアをどれだけ頑張っても、顔汗が尋常ではないほど出たので、化粧はドロドロになるし、化粧直しの回数は変わらないことが悩みでした。

 

そんな時に私が知ったのが、

サラフェプラスという顔専用の制汗クリームで、医薬部外品として販売されている商品。

 

医薬部外品なので有効成分がしっかり配合されており、顔汗が出ないように抑制することができるんです。

 

しかも他の顔用の制汗剤と違って、

毛穴にフタをするのではなく、毛穴を収縮させることで汗の粒を小さくして、蒸発を促して見た目にもわからないようにしてくれる特徴があります。

 

顔汗を原因として化粧崩れを

根本原因から改善してくれますので、非常に優れた顔汗対策効果を発揮。

 

ナノ化されていることで、肌の奥まで有効成分が浸透しますので、従来品よりも優れた効果を発揮することで、名称もサラフェからサラフェプラスに変更されています。

 

サラフェプラスの良いところは、

化粧下地としても使え、様々な美容成分が配合されていることで、顔汗を抑えながら、スキンケアもできてしまうところ。

 

サラフェプラスを使う前の私は、

夏のひどく暑い時期には、会社につく頃には汗だくですでにメイクが浮いていることもありましたが、顔汗が出ないことで昼に化粧直しをする必要がなくなりました。

 

サラフェプラスが合うか合わないか、

効果の感じ方は人それぞれかもしれませんが、私のように顔汗をきっかけにした化粧崩れがひどい人は、一度試してみると良いかもしれません。

 

サラフェプラスを公式サイトで買うと、

25日間は返金保証制度が適応されますので、実際に自分の肌で使ってみて、本当に効果的なのかどうかを判断すると良いでしょう。

 

返金申請はすでに1本使い切っていても、

期間内に申請することで対応してもらえますので、リスクなくサラフェプラスの効果を体験することができます。

 

夏にかけては顔汗以外にも汗対策が必要になりますが、最も目立つ顔汗を予防して、化粧直しの回数が減れば、すごく楽になりますよ。

顔汗が原因の夏の化粧直しのまとめ

化粧崩れだけではなく、

夏の肌のテカリやギラギラ感の原因にもなってしまうのが顔汗の怖いところ。

 

以前ならワキ用の制汗剤しかなく、

それを顔に使って肌荒れの原因となっていた人もいますが、今は顔専用の制汗クリームがある。

 

サラフェプラスを使うことで、

顔汗をきっかけにする化粧崩れを予防し、夏の化粧直しの回数を減らすことができます。

 

この記事では自分でできる方法として、

メイク方法を工夫したり、スキンケア方法を紹介しましたが、ドロドロメイクから抜け出せないなら、私のようにサラフェプラスを化粧下地に使うと良いかもしれません。

 

スキンケア効果と制汗効果。

化粧直しの回数も激減しましたし、返金保証制度もあるのでまずは試してみると良いと思いますよ。

▼▼顔汗対策に効果的なサラフェプラス▼▼

私のひどい顔汗が改善できたのがサラフェプラスのおかげ。

この記事に詳細情報をまとめていますので、是非チェックしてください。

サラフェプラスの体験談や効果、口コミまとめ

▲▲医薬部外品で厚生労働省も効果を認めた▲▲

\ SNSでシェアしよう! /

顔汗止める方法と対策の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

顔汗止める方法と対策の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • エティアキシルで顔汗止まるし敏感肌用なら大丈夫って本気?

  • デオナチュレを顔汗止めに使っても制汗作用があり安全なのか?

  • プロバンサインが顔汗を止める薬で効果的って本当、副作用は?

  • ボトックス注射で顔汗が止まる?副作用や失敗は大丈夫なの?

  • プレミアムデオヴィサージュとサラフェプラスの顔汗効果の違いは?

  • 薬用ノエミュとサラフェプラスの違いと顔汗対策に効果的なのはどっち?