1. TOP
  2. 顔汗の悩み
  3. 尋常じゃない顔汗の原因は病気の可能性もあるって本当?

尋常じゃない顔汗の原因は病気の可能性もあるって本当?

顔汗の悩み この記事は約 5 分で読めます。

尋常じゃない顔汗の場合、実はその顔汗の原因が病気の可能性もあるっていうことを知っていますか。

実際に尋常じゃない顔汗を招く原因になる病気や症状などについて、どんな可能性があるのかを検証し解説します。

場所を問わずに顔汗に悩んでいる人、多汗で悩んでいる人はぜひこの記事を読んで、より効果的な方法で対処しておきましょう。

尋常じゃない顔汗は病院が潜んでいるリスクも・・・

最近増えているのが多汗や顔汗という症状で、以前はNHKの有働アナが脇汗が酷く、それでクレームになったことがあったことを覚えている人もいるかもしれません。

しかし今回紹介するのは、顔汗に特化した話でしかも尋常じゃない顔汗や、顔の片側にしか汗をかかない人などは病気が原因で顔汗が出てしまっていることも。

単なる多汗症的な顔汗であれば、放置しても良いと考える人もいるかもしれませんが、その原因が病気だとしたら、どうしますか?

実際に顔汗に潜んでいる原因には、どんな病気があるのかを簡単に説明しますので、この記事を参考に尋常じゃない顔汗に悩んでいる人は、是非参考にしてください。

顔面多汗症で尋常じゃない顔汗をかく人もいる

全身に汗をかく人は多汗症の可能性がありますが、実際には顔汗しかかかないけど、その量が尋常じゃないという人も。

辛いものを食べたり、緊張したり、運動したりしたタイミングなら誰でも汗をかくのは当然のことですが、常に顔が湿っていたり、滴るほどの汗が出る場合は顔面多汗症の可能性も。

顔面多汗症とは、多汗症のひとつで尋常じゃない病的なほど大量の汗を顔だけでかいてしまうような状態。

顔面多汗症の原因はまだ解明されていませんが、交感神経が活発になりすぎていることや遺伝的要素で、起こる症状のひとつだと考えられています。

ちなみに多汗症には、

  • 温熱性発汗:上がりすぎた体温を下げる
  • 精神性発汗:緊張・興奮したときに起こる
  • 味覚性発汗:刺激の強いものを食べたときに起こる

これらの症状に合わせて、顔面多汗症が主な多汗症です。

甲状腺機能亢進症で尋常じゃない顔汗が出ることも

甲状腺機能亢進症とは、甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になってしまう病気で、女性に多いのがバセドウ病。

甲状腺機能亢進症になると、全身の新陳代謝が活発になるために、その影響で多汗症の症状を発症しがちになり、顔汗もそれに合わせて増えます。

動悸や息切れ、イライラしやすくなったり、食欲旺盛でよく食べるのに痩せてしまうなども甲状腺機能亢進症の症状のひとつ。

自律神経失調症で尋常じゃない顔汗が出ることも

過度なストレスや慢性的な睡眠不足の状態が続くことで、自律神経のバランスが乱れ、自律神経失調症の症状を発症することも。

自律神経失調症になると、呼吸や体温、血液の流れ、内臓の働きなどをコントロールできなくなり、顔汗の量が増える傾向が。

自律神経失調症の症状が悪化すると、顔汗が尋常じゃない量になることも。

更年期障害で尋常じゃない顔汗が出ることも

更年期障害を発症すると、急に顔だけ汗が止まらなくなったりすることがあり、ホットフラッシュという症状が有名かも。

これは加齢に伴う卵巣機能の低下で起こり、女性ホルモンの分泌量が減少することで、自律神経のバランスが乱れることが原因。

だから自律神経失調症のような感じで、顔汗が尋常じゃない量になってしまうことも。

しかも前触れもなく顔汗が出ることもありますので、40代以降の女性が特に悩んでいることもありますが、最近は男性にも更年期障害のような症状が出ることもあります。

糖尿病(糖尿病神経障害)で尋常じゃない顔汗が出ることも

糖尿病による高血糖状態が続くことで、末梢神経が阻害されると「糖尿病性神経障害」の症状を引き起こすことも。

末梢神経とは自律神経も含まれていますので、それが原因で異常発汗になり、尋常じゃない顔汗の症状に悩んでしまう人がいます。

また立ちくらみや便秘、下痢、尿意を感じないなどの身体的な症状が出ることもあるので、顔汗以外にも気になることがある人は注意が必要です。

顔の片側だけ尋常じゃない顔汗が出る病気とは?

これまで紹介した病気や症状では、顔全体に大量の顔汗が出たりしますが、中には顔の片側だけしか症状がでないことも。

そういった場合には、より重篤な症状が隠されていることがあり、「大動脈瘤」や「縦隔腫瘍」の可能性も。

大動脈瘤や縦隔腫瘍の場合には、コブや腫瘍ができた部分の交感神経が刺激されることで、顔の片側に発汗異常が起こりますので、こういった症状が気になる場合は早めに病院で診察をしましょう。

いずれにしても、尋常じゃない量の顔汗は本当に気になることですし、一度病院で診察を受けるか、顔汗を抑えるクリームや医薬品を使用してみるのもひとつの方法かもしれません。

専門医の診察を受けて病気や疾病の可能性がないなら、市販の商品や顔汗対策グッズを使用して、汗に関する悩みを解決したほうが良いと思いますよ。

▼▼顔汗対策に効果的なサラフェプラス▼▼

私のひどい顔汗が改善できたのがサラフェプラスのおかげ。

この記事に詳細情報をまとめていますので、是非チェックしてください。

サラフェプラスの体験談や効果、口コミまとめ

▲▲医薬部外品で厚生労働省も効果を認めた▲▲

\ SNSでシェアしよう! /

顔汗止める方法と対策の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

顔汗止める方法と対策の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 顔汗の治療は病院で何科を受診すべきなのか?

  • 恥ずかしい顔汗の原因は?テカテカベタベタの気持ち悪い汗は地獄!

  • 男性も顔汗を意識すべき、外回りの営業マンは見た目の印象が大切

  • 顔汗がしみる原因は?ヒリヒリ感や刺激の解決方法を紹介。

  • 食事中に顔汗がダラダラと止まらない原因は何なの?

  • 顔汗で痩せる?サウナに小顔効果を期待するのは間違いかも。