1. TOP
  2. 顔汗を止める方法
  3. 運動に顔汗を止める効果がある、汗腺再開の刺激が大切な方法なの?

運動に顔汗を止める効果がある、汗腺再開の刺激が大切な方法なの?

運動に顔汗を止める効果があるって本当?

運動すると顔汗だけではなく、全身から発汗することで汗っかきになる印象がありますが、顔汗対策に効果的な方法だと言われています。

 

なぜ運動が顔汗対策に役立つのか?

運動を行うことで起こる汗腺の変化はどのようなものなのかを紹介しつつ、どの程度の運動を行うことが推奨されているのかを徹底検証。

 

日常的に運動を行っていると、あなたの尋常ではない顔汗も止まるかもしれませんよ。

運動不足が原因でひどい顔汗に悩まされる

運動をすると全身から発汗してしまうので、

ただでさえひどい顔汗がさらに悪化するイメージはがある人も多いですが、定期的な運動を行うことは、顔汗対策には有効な方法です。

 

なぜ運動不足を解消する運動が良いのか?

運動不足をきっかけにして、体温調整を行わなければならない汗腺が休止モードに突入していることが、ひどい顔汗のきっかけになるから。

 

汗腺がしっかり活動していれば、

全身から汗をかくことができますので、局所的多汗や顔面多汗症のような症状を発症することがありません。

 

しかし運動不足の人の汗腺は休止モード。

心臓から近い位置の汗腺だけが活動することで、顔汗が止まらない状態になってしまいます。

 

運動することで、体温調整機能を活動モードに変更させて、汗腺が休止モードから活動モードへと変わることで、顔面多汗症が徐々に改善されていくと考えられています。

 

普段から身体を動かす機会がないなら、

まずは運動不足を解消する程度の軽い運動を一定期間(2〜3ヶ月)は続けてみることをおすすめします。

顔汗対策におすすめの運動の基本的な考え方は?

尋常ではない顔汗に悩んでいるのなら、

まずは顔以外の部分に汗をかかせることが大切で、さらにそれを一定期間続けることがもっと大切です。

 

まず必要な運動は適度に汗をかくレベルの運動ですので、特に激しくなければいけないということはありません。

 

ウォーキングでも軽いジョギングでも、

汗をかき続けことができるレベルの運動を行うことが基本。

 

顔汗に悩んでいる人の場合には、

真っ先に顔汗が吹き出してきて、ヤバイ・・・と思うかもしれませんが、そのままその運動を続けてください。

 

汗をかけば顔周辺の体温が低下しますので、最初は顔から吹き出していた汗も徐々に収まってきます。

 

全身の代謝が上昇してくると、

自然と顔以外の部位からも汗が出はじめますので、その状態をキープ。

 

全身の汗が出はじめる頃には、

顔や頭部の体温は低下し、すでに汗腺も疲れきって汗をだしにくくなっていますので、そうなれば他の部位の汗腺から汗を出すしか体温調整の方法がなくなります。

 

休止モードの汗腺も徐々に機能を開始し、

そういった運動習慣が身につけば、自然と汗をかく時には全身から発汗することができますので、時間をかけてでも取り組みましょう。

顔以外の汗腺を強制的に動かす運動方法は?


先程の運動だと30分〜1時間は動き続ける必要がありますが、そこまで時間がないし少しでも早く顔汗を改善したい。

 

そう考えているのなら、もっと効率的な方法があります。

 

脇の下や首を圧迫したり、冷やすことで頭部への血流量を抑制することができれば、それだけ顔汗が出にくい状態になりますよね?

 

圧迫しなくとも濡れタオルや、

アイスノンなどを仕込ませたタオルを首に巻いて運動をするのでも良いでしょう。

 

首から上の血流量を増やさないか、流れる血液の温度を上昇させなければよいので、あなたにあった方法を選んでください。

 

休止モードの汗腺から出る汗は、

臭いが強く油分が多いのでベタつく感じがしますが、徐々にサラッとした汗に変わってきます。

 

全身から出る汗がサラッとした汗に変わる頃には、汗腺も通常モードで活動していますので、顔汗だけがひどくなるという状態は回避できるでしょう。

厚生労働省も運動施策の推進を目標に掲げている

デスクワークをする人が増え、

日本人全体の運動量が低下していることもあり、厚生労働省も日本人の運動施策のひとつとして、『健康づくりのための身体活動指針』を制定しています。

 

健康づくりのための身体活動指針では、

特に18歳〜64歳の年齢の人を対象にして、運動習慣を持つようにすべきだと考えているようです。

 

30分以上の運動を週に2回以上。

「3メッツ以上の強度の運動」をおこなべきだと定義。

 

「3メッツ以上の強度の運動」とは、息が弾み汗をかく程度の運動のこと。

 

他の年齢に対しては、運動習慣に対する定義はなく、社会人や働き盛りの年代に対する運動指針だけを制定している状態です。

 

汗をかいていない世代が顔汗に悩んでいることを考えると、やはり積極的な運動習慣を持つことが大切だということがわかりますよね。

 

普段から汗をかく運動が、

基礎代謝をアップさせ、筋肉量や骨量の維持にも役立ち、健康状態を維持することに繋がりますので、ぜひ実践するようにしましょう。

運動に顔汗を止める効果があるの記事まとめ

運動習慣と顔汗は真逆の関係ではなく、

非常に密接な関係性があり定期的な運動を行うことで、全身の汗腺を刺激して顔汗の予防や改善に役立つことがわかったと思います。

 

毎日運動できないような人でも、

ひと駅歩くとか、エレベーターではなく、階段を使うなどの方法で日常生活の中で運動を行うこともできますので、ぜひ実践してみてください。

 

  • 運動不足が原因でひどい顔汗に悩まされる
  • 顔汗対策におすすめの運動の基本的な考え方は?
  • 顔以外の汗腺を強制的に動かす運動方法は?
  • 厚生労働省も運動施策の推進を目標に掲げている

 

ひどい顔汗は汗腺が休止モードだから。

それを改善する方法のひとつが運動ですので、まずは騙されたと思ってできるレベルの運動を行ってみてください。

 

たったそれだけのことでも顔汗を抑制できるでしょうし、運動が無理なら私も愛用しているサラフェプラスを使ってみるのもおすすめ。

 

これからどんどん暑くなり、尋常ではない顔汗に悩まされる人も増えてきますので、朝のスキンケアでできる顔汗対策もうまく活用していきましょう。

▼▼顔汗対策に効果的なサラフェプラス▼▼

私のひどい顔汗が改善できたのがサラフェプラスのおかげ。

この記事に詳細情報をまとめていますので、是非チェックしてください。

サラフェプラスの体験談や効果、口コミまとめ

▲▲医薬部外品で厚生労働省も効果を認めた▲▲

\ SNSでシェアしよう! /

顔汗止める方法と対策の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

顔汗止める方法と対策の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 化粧直しの原因は顔汗、ドロドロメイクや化粧崩れを予防する方法は?

  • パースピレックスローションで顔汗対策、副作用は大丈夫なの?

  • ベビーパウダーが顔汗対策や予防に効果的なのかを徹底検証!

  • ボトックス注射で顔汗が止まる?副作用や失敗は大丈夫なの?

  • アトピーの人必見!サラフェプラスは肌トラブルなく使えるのか?

  • プロバンサインが顔汗を止める薬で効果的って本当、副作用は?