1. TOP
  2. 顔汗の悩み
  3. 顔汗がしみる原因は?ヒリヒリ感や刺激の解決方法を紹介。

顔汗がしみる原因は?ヒリヒリ感や刺激の解決方法を紹介。

顔汗をかくとヒリヒリしみる感じや刺激を感じる。

なぜ汗をかくだけで肌トラブルもないのに、しみる感じがするのかその原因や解決方法を知っていますか。

GW以降の時期になると、顔汗に悩む人が増えますので、早めに対処法を理解してしみないように改善しておきましょう。

顔汗がしみるのは、肌のバリア機能が低下しているから。

日焼けも肌トラブルも特にしていないのに、なぜか顔汗がしみてしまう。

その原因は、バリア機能の低下による炎症かも。

炎症といっても見た目にわかるような真っ赤になっている状態ではなく、見た目に変化がなくても、小さな炎症が起こっている可能性もあります。

なぜ炎症のきっかけになるバリア機能の低下が起こるのか?

顔汗をかきやすい人には、その原因になるひとつの特徴がありますし、職場環境などによっても、バリア機能の低下は起こります。

肌のバリア機能が低下する原因とは?

顔汗だけに限定してしまえば、顔汗と一緒に肌の水分が蒸発してしまうから。

だから汗の量が多い人は、1日に顔汗をかいた回数だけ、水分の蒸発が起こっており、その度にバリア機能の低下を引き起こす要因があるということ。

汗をかくたびに化粧水などで保湿できると良いのですが、仕事中はなかなかむつかしいですよね。

他にも肌のバリア機能が低下する要因には、

  • エアコンや空調による肌の乾燥
  • 過度なスキンケアによる肌トラブル
  • 寝不足やストレスによる肌の調子の悪化
  • 暴飲暴食などの食生活の乱れ

これらのことが幾つか絡みあって、肌の乾燥感が強くなってしまい、それをきっかけにバリア機能の低下が起こります。

肌のバリア機能の低下=皮膚が薄い状態ということ

肌の乾燥感をきっかけに起こるバリア機能の低下は、皮膚の角質層が薄くなってしまう事でおこります。

本来なら肌の角質層が潤いを蓄えることで、外部からの刺激や乾燥から肌が守るバリア機能が機能している状態。

しかし肌表面に潤いがなくなると、角質層が薄くなり普段なら影響のない汗や紫外線、ほこりやメイクなどの刺激を受けてしまいます。

薄くなった皮膚の状態を改善することが、肌のバリア機能の回復に役立ち、皮膚の厚みを潤いある状態に改善するということ。

顔汗がしみるなら、バリア機能を回復させよう。

顔汗がしみる原因がバリア機能の低下によるものなら、その状態を回復させることが大切ですよね。

だから顔汗をかいたら、放置せずにすぐに対処することが基本。

顔汗を止めるのは難しいと思いますので、その状態から肌を本来の状態にできるだけ早く戻してあげることが大切です。

実際にどのようなことを気をつけるべきなのか、次の項目から紹介しますね。

顔汗はすぐに拭き取るか洗い流そう。

顔汗そのものがしみる原因になり、バリア機能の低下の要因。

かいた汗を放置せずに、できるだけ早く拭き取ったり洗い流すことが大切です。

汗を拭くタオルも柔らかいものや、水で濡らしたもので、こすらずに押さえつけるようにして、汗をタオルに移しましょう。

水洗いできる状態なら、水で軽く洗い流してしまうのも方法のひとつ。

顔汗を流す際に何度も洗顔料を使用すると、皮脂を奪いすぎてしまいそれが乾燥の原因になることもあるので、洗顔料は使わないようにしましょう。

バリア機能を低下させずに、かいた汗による影響をどこまで抑えるのかが非常に大切なポイントです。

洗い流した際には、軽く化粧水を塗ってあげることで、保湿ケアを行うことも忘れないようにしましょう。

スキンケア用品を保湿力の高い低刺激のものに変える

バリア機能の低下を抑制するためにも、保湿力の高い化粧水を選ぶことは大切です。

刺激を感じやすい状態になっているので、低刺激の化粧品を選ぶことも大切。

何年も同じ化粧品で問題がなかったとしても、肌のバリア機能が低下していることが明確なので、肌状態に合わせた化粧品を選ぶべきです。

年齢とともに肌の状態も変わりますし、ホルモンバランスの変化で、皮脂の分泌量も大きく変わってしまうでしょう。

季節による変化も起こりますので、ピリピリ感や刺激がある場合は、スキンケア用品を改善することも方法のひとつ。

顔汗がしみる原因の対処法まとめ

顔汗がしみるのは、バリア機能の低下が原因。

だから顔汗をかいた時に、どのような対処法をどれだけ早いタイミングでできるのかが本当に大切です。

その為にも意識すべきことは、

  • 肌のバリア機能を回復させる
  • 顔汗はすぐに拭きとるか洗い流す
  • スキンケア用品の見直しを行う

バリア機能がしっかり機能する状態まで戻れば、顔汗をかいてもピリピリしみたり、刺激を感じることがなくなりますので、まずはそこまで頑張りましょう。

ちょっとしたことを意識するだけで、顔汗による肌トラブルを予防することができますので、まずはバリア機能を回復させることを優先してくださいね。

▼▼顔汗対策に効果的なサラフェプラス▼▼

私のひどい顔汗が改善できたのがサラフェプラスのおかげ。

この記事に詳細情報をまとめていますので、是非チェックしてください。

サラフェプラスの体験談や効果、口コミまとめ

▲▲医薬部外品で厚生労働省も効果を認めた▲▲

\ SNSでシェアしよう! /

顔汗止める方法と対策の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

顔汗止める方法と対策の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 夕方になると顔が臭いのは顔汗と皮脂の酸化が一番の原因かも。

  • 生理前の顔汗や寝汗はホルモンバランスの変化が原因って本当?

  • 男性も顔汗を意識すべき、外回りの営業マンは見た目の印象が大切

  • 40代の顔汗は更年期障害が原因かも。スキンケアで改善できる?

  • かゆみの原因は顔汗かも、トラブルがなくても皮膚には悪影響!

  • 顔汗で痩せる?サウナに小顔効果を期待するのは間違いかも。